« 中国共産党による「資源の強奪」(記事スクラップ) | トップページ | 中国共産党による「民族工作の推移」(記事スクラップ) »

中国共産党による民族浄化(記事スクラップ)

http://saveeastturk.org/jp/index.php/%E6%B0%91%E6%97%8F%E6%B5%84%E5%8C%96

 中国共産党は大量の漢族を移住させることによって、ウイグル族をはじめとする東トルキスタンの民族をマイノリティにおいやろうとしている。そして人口比率の低下だけでなく、東トルキスタンで代々培ってきた文化や言語、宗教の抹殺も同時に行っている。強制的な堕胎や避妊手術、政治犯などの虐殺、労働改造所への強制収容、核実験などとあわせて、まさに民族浄化が進められているのである。
 以下に1945年と2004年の民族の構成を示す。

民族名 人口(1945年) 人口比(1945年) 人口(2004年) 人口比(2004年)
ウイグル族 306.78万人 (76.40%) 897.67万人 (45.73%)
回族 9.96万人 (2.48%) 87.63万人 (4.46%)
カザフ族 43.86万人 (10.92%) 138.16万人 (7.04%)
モンゴル族 5.97万人 (1.49%) 16.96万人 (0.86%)
オロス族 1.94万人 (0.48%) 1.13万人 (0.06%)
ウズベク族 1.02万人 (0.25%) 1.42万人 (0.07%)
タタール族 0.56万人 (0.14%) 0.47万人 (0.02%)
タジク族 0.82万人 (0.20%) 4.35万人 (0.21%)
キルギス族 6.99万人 (1.74%) 17.12万人 (0.87%)
シボ族 1.06万人 (0.26%) 4.08万人 (0.21%)
満族 0.08万人 (0.02%) 2.41万人 (0.12%)
漢族 22.24万人 (5.54%) 780.25万人 (39.75%)
その他 0.26万人   11.46万人  
合計 401.54万人   1963.11万人  

 というように、漢族の異常な増え方が目立つ。
 漢族の移住は1950年代から始まり、工業開発や辺境の開拓、防衛などの名目で進められてきた。82年にはウイグル族と漢族とが同程度になるまで増えたが、90年以降は徐々に漢族の割合は減っていった。しかし現在は西部大開発と銘打って、企業や漢族の移住を煽っている。たとえば進出する企業には優先的な融資と優遇税制を実施し、移住する漢人には辺境地手当ての支給や、公務員給与の引き上げなどを行っている。

 また東トルキスタンに於いては、ウイグル族は漢族と同程度の人口比にも関わらず、漢族の学校の数に比べてウイグル族の学校数は圧倒的に少なく、設備も貧弱である。そして東トルキスタン内の職業高校、専門学校、大学ではウイグル語が排除され、中国語によって授業が行われるようになった。最近では中学校、小学校でもウイグル語による授業が廃止され始めている。さらに、ウイグル人小・中学校は相次いで強制的に中国人学校と合併させられ、中国語で授業が出来ないウイグル人やカザフ人の教師は追い出されているとの報告もある。
 また就職する際には、漢族の学校の卒業生でなければ採用しないなど、著しい差別を設けることによって、ウイグル族の学校へ行き辛くなるような環境が作られている。

 中国では現代においても焚書が行われている。ウイグル民族の宗教、歴史、文学の書籍が文化大革命のときだけではなく、2002年にも大量に焼かれている。
 特にムハンマド・イミン・ブグラが書いた「東トルキスタン史」、トゥルグン・アルマスの「匈奴簡史」、「ウイグル古代文学」、「ウイグル人」(ウイグル歴史)の三誌、エイサ・ユスフ・アルプテキンの民族主義的な言動などが、汎トルコ主義、東トルキスタン独立思想の思想的支柱だとして、激しく攻撃されている。
 東トルキスタンの人々のアイデンティティの重要な要素であるイスラム教に対する弾圧も強化されている。

 2006年からは新たな民族浄化政策が行われるようになった。貧困からの救済という名目で、数十万人単位のウイグル人農民が、中国内地へ移住させられる予定だという。本当に貧困からの救済をするのならば、自分達の土地である東トルキスタンにおける、少数民族が不利な就業状況を改善すべきである。更に、都市部ではなく農村部の人間をターゲットにしているのは、彼らの教養が低く、従順で、たやすく洗脳できると目論んでいると考えられる。また、古くからのウイグルの伝統や純粋のウイグル語は、農村部において良く保存されているが、その担い手を移住させることによって、一層容易に同化できると考えられる。
 若くて未婚のウイグル人女性が組織的に大量に強制移住させられているとの報告も出ている。2006年から2010年の5ヵ年で40万人の若い未婚女性を中国内地の沿岸都市部に送り出すことを目標としており、対象の村には送り出す人数がノルマとして課せられている。内地の都市部に移住した彼女らは安価な労働力として奴隷のように酷使され、あるときには性奴隷として売春を強要されるという。ウイグル人の人口800万人に対して若い未婚の女性(16~25歳が主だといわれる)を40万人も域外に移住させるということは、漢族との通婚を促進するための政策であると考えられる。

 また中国はこれまで公式に発表しているだけでも45回の核実験を実施してきた。実験は全て東トルキスタンのロプノールの近くで行われた。この実験基地はウイグル人やモンゴル人が住む地域からわずか10kmほどしか離れておらず、多くの放射能中毒による死亡者、重度障害者が出ている。中国が決してこの地を手放さない理由の一つが、この核実験施設の存在である。

|

« 中国共産党による「資源の強奪」(記事スクラップ) | トップページ | 中国共産党による「民族工作の推移」(記事スクラップ) »

中国共産党関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155934/30146354

この記事へのトラックバック一覧です: 中国共産党による民族浄化(記事スクラップ):

« 中国共産党による「資源の強奪」(記事スクラップ) | トップページ | 中国共産党による「民族工作の推移」(記事スクラップ) »