« 議員の言論は保障されなければならない | トップページ | 何故 民主党のマニフェストに軍事占領されている領土問題をのせていないのか?(記事スクラップ) »

民主党政策、重要事項の説明(記事スクラップ)

http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

(民主党:土屋たかゆき議員の日記より)
2009年8月9日の日記

マンション、家を買うとき、宅地建物取引主任の資格を持った者が、重要事項の説明をする決まりになっている。
その説明内容に、重要な事項が抜けていたり、または、説明をする時に概略しか説明をしなかったり、或いは、全く説明をしなかった場合、その契約は無効となる。

当然と言えば当然だろう。

今、インターネットで、私の民主党マニフェストヘの批判が議論になっているが、ここで、意図的に脱落させている、夫婦別姓、外国人参政権、国立追悼施設、学校運営の改変、戦争被害調査会、などなどには私は全く反対であり、それは都議会に入ってから、あらゆる集会やこの欄で意見表明して来た事である。
この党は二重構造になっていて、そうした政策議論に地方議員が参加することはない。都議会で、私が中心になってジェンダフリーや所謂「男女同質」を説く、ジェンダフリーチェック表は廃棄処分にした。従って、都議会議員としての良心に基づく行為はして来たつもりだ。

では、何故民主なのかと言う問いがある。一言で言えば自民より可能性のある政党だと思ったから民主なのだ。民主にも良識派はたくさんいる。ところが、学校の職員会議よろしく、少数のサヨク分子の発言が多い。それに国会が圧倒されてしまうのだ。事実、私の知っている代議士もジェンダフリー反対の大集会を開いたことがある。ジェンダー支持派の抗議を受けたがはねつけたと言っているが、残念ながら、全部が全部そうした勇気のある議員ではない。
残念なことだが。

私の主張は、政策集の後ろには「議論の到達点」と書いてある。
であるのなら、選挙公約のマニフェストにその重要な部分を欠落させるのはその党の体質、政策、つまり「重要事項」を説明したことにはならないと言うことだ。

事実、所謂慰安婦について、「政権交代したら、真っ先にこの法案が成立するんですよ」(本岡昭次元参議院議員・日教組出身)と言っている。(朝日新聞平成19年3月27日)

つまり、マニフェストで選挙はやるが、政策集に書かれていることは党の方針として、議論の「到着点」であるからやるのだと言うことだ。

これを私は、詭弁だと言っている。

マニフェストには民主党の政見政策と書いてある。一方では「到着点」
マニフェストは誰が企画したのか、わかりやすく、きれいに出来ている。であるなら、「到着点」も何故含めないのかと言うのが私の主張だ。
つまり、そんなことを書いたら、国民はほとんどそんな主張をしていることを「知らない」から驚天動地。
だから、意図的に脱落させたとしか思えない。

これは、マンションを買うときに、隣に工場があって、騒音があると言うことを重要事項説明書に書いていない、書いてあっても説明しないことと同じだ。

政策は責任がある。そう言って自民党を批判して来た以上、我が党の政策は現実性のあるものとしなければならない。財源の問題もそうだ。

更に内容も、講和条約で処理が済んだ、或いは、他国との条約で処理の済んだ問題を蒸し返すようなものであってはならない。解決出来ていない問題とは、領土問題でしかない。
書くとすればそれを書くべきだ。何しろ、「不法軍事占領されている領土がある」のだから。
そしてまた、拉致問題を取り上げるべきだ。
鳩山代表の胸から知らない間に「ブルーリボンバッチ」が消えた。

私は、この政党を安心して政権を担当させられる国民政党にしようと闘って来た。今回の指摘も、「マニフェストには正直に重要な政策を書くべきだ」それが「書けないような政策なら廃棄すべきだ」と正論を言っているに過ぎない。

そのどこがおかしいのか。
「選挙前だから」
じゃあ、戦前の軍部、政府を盛んに攻撃しているサヨクの皆さん。「戦時中だから」と言う抗弁にあなたたちは耳を貸したことがありますか。

全く、矛盾している。

私はどうかしていると思うが、「到着点」と言うのなら、重要事項を書くのが政党というものだろう。
でないと、国民の判断を誤らせることになる。

『いかなる宣伝も大衆の好まれるものでなければならず、
その知的水準は宣伝の対象相手となる大衆のうちの
最低レベルの人々が理解できるように調整されねばならない。
それだけでなく、獲得すべき大衆の数が多くなるにつれ、
宣伝の純粋の知的程度はますます低く抑えねばならない。』

これはヒトラーのことばだそうだ。インタネットに掲載があった。

我々は民主主義の政党であり、この国を愛する者の集まりでなくてはならない。日本国は日本人だけのものではないと言う発想は、世界200カ国には全くない童話のような話だ。

|

« 議員の言論は保障されなければならない | トップページ | 何故 民主党のマニフェストに軍事占領されている領土問題をのせていないのか?(記事スクラップ) »

反日政党・反日政治家」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政策、重要事項の説明(記事スクラップ):

« 議員の言論は保障されなければならない | トップページ | 何故 民主党のマニフェストに軍事占領されている領土問題をのせていないのか?(記事スクラップ) »