« 今日の動画リスト | トップページ | 電通がネット火消しサービス「ネット風評被害バスターズ」を開始(記事スクラップ) »

偽証が氾濫する韓国の法廷(記事スクラップ)

http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/447755.html
2003年02月14日
■偽証は日本の671倍

何の罪もない人を罪人に仕立て上げ、罰を受けるべき人の罪を覆い隠す「偽証」が法廷ではこびっている。
偽証とは民・刑事および行政訴訟などで、事実を明らかにするために、裁判に出頭した証人が嘘をつくこと。検察が起訴した偽証事犯は2002年1343人。 98年の845人に比べ4年間で60%近く増えている。

検事が同席している刑事裁判はまだいい方だが、民事裁判は「嘘の競演場」だという言葉が出てくる程だ。

特に、偽証自体がほとんどないに日本とは、統計だけでもはっきりと、その違いが分かる。

2000年の場合、韓国で偽証罪で起訴された人が1198人であることに比べ 日本は5人だった。韓国と日本の人口の差を考慮した場合、国内の偽証が、“日本の671倍”に達するというのが最高検察庁の分析だ。

2009/08/20 (木)
http://www.chosunonline.com/news/20090819000063

偽証に悩まされる韓国の法廷(上)
賄罪で起訴された金孝謙(キム・ヒョギョム)元冠岳区長は、今年5月に同氏にわいろを提供したA容疑者が現金の受け渡しをした事務所の構造を法廷で詳細に陳述すると、窮地に追い込まれた。すると金元区長は、ソファーを片付けるなど事務所内部を完全に模様替えし、側近のB氏を証人に立てた。

 B氏は法廷で、「A容疑者が陳述した事務所の構造は実際とは違う」と偽証した。とはいえ裁判部が現場検証したところ、事務所の構造はB氏が説明した通りだった

 だが同裁判を担当していた公判検事がインターネットで何度も検索し、以前の事務所の写真を探し出したことで、工作だったことが発覚した。金元区長は収賄罪で有罪判決を受け、さらに偽証教唆の罪が追加された。B氏は偽証罪で起訴された。

 民事裁判、刑事裁判ともに、法廷での偽証行為が一向に減らないため、裁判所や警察が頭を抱えている。巧妙で悪意のある偽証が司法の信用を失墜させているばかりでなく、裁判所が意欲的に試行している公判中心主義を定着させる支障となっている。

 検察関係者は「証拠をでっち上げるほか、あらかじめシナリオを設定し『予行練習』までして法廷に立つケースが多いため、少しでも気を緩めるとだまされてしまう」と語った。
 C氏は公務員の兄が収賄罪で起訴されると、現金を受け取ったという時間に共にいた、と法廷でうそのアリバイを証言した。だが賄賂が受け渡されたレストランで現金を提供した人物の法人カードの支払い領収書と、駐車場の係員が二人を目撃したという証言を公判検事が確保したことで、C氏の偽証は暴かれた。C氏も偽証罪で起訴された。

大検察庁のイ・サンチョル公判訟務課長は、「ここ2-3年の間に、公判検事が偽証事犯を別個に捜査し、正式裁判に回付するケースが1カ月に3-4件に達している。偽証事犯の摘発に気を使わなければならないため、公判検事の業務が増えている」と話した。

 民事裁判ではかなり前から偽証が蔓延(まんえん)しており、判事もそれに無頓着になりつつある。刑事裁判とは違い、偽証しても負担が少ないからだ。あるベテラン弁護士は、「民事法廷は偽証の大会場と言っても過言ではない」と話した。

 このように偽証が氾濫しているのは、偽証を犯罪と見なさない社会的風土が定着しているからだ、という指摘が出ている。証人が事件の当事者と知人の場合、事件当事者に有利な証言をしなければ冷淡な人間だと思われてしまうというわけだ。日本では偽証罪で起訴される人が年間10人前後に過ぎない。

 検察と裁判所は最近、偽証罪に対して厳しく対処している。

 以前は罰金程度で終わっていた偽証事犯を正式な裁判に回付し、実刑判決を下すケースも増えている。検察は2004年に937人の偽証事犯を立件し472人を裁判に回付したが、昨年は1786人を立件し1251人を裁判に回付している。一方、略式起訴は409人(04年)から375人(08年)に減った。裁判所も05年に偽証罪で起訴された被告人98人に実刑判決を下したが、昨年は247人だった。7月から施行された量刑基準では、偽証罪に対して最長4年の実刑を下すことできる。

 ソウル中央地検のミン・マンギ公判第1部長は、「法廷での偽証が重大な犯罪だという認識を持つよう、幼いころから教育しなければならない」と主張した。

チョン・ハングク記者

孫振碩(ソン・ジンソク)記者

http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/2009-08.html#20090820
検察統計を見るかぎりだと、2008年の日本の偽証罪における起訴件数は7件。
 韓国では1786件。
 彼我の差は約255倍。

 6年前に話題になった671倍に比べると、ぐぐっと差が縮まったかのように見えます。
 しかし、数字をしっかりと見てみましょう。
 2000年には5:1198。2008年には7:1786。

 実は先に出た比較の数字は、人口当たりの偽証件数で換算していますので2008年の日韓の人口比、127,614,000:48,333,000≒2.64をかけなくてはなりません。
 1786÷7×2.64≒673
 673倍とほぼ同じ数字を導くことができました(笑)。

|

« 今日の動画リスト | トップページ | 電通がネット火消しサービス「ネット風評被害バスターズ」を開始(記事スクラップ) »

韓国・北朝鮮関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155934/31040629

この記事へのトラックバック一覧です: 偽証が氾濫する韓国の法廷(記事スクラップ):

« 今日の動画リスト | トップページ | 電通がネット火消しサービス「ネット風評被害バスターズ」を開始(記事スクラップ) »