« 麻生太郎首相の環境問題について(記事スクラップ) | トップページ | 櫻井よしこ『民主党政権が運んでくる「教育荒廃」と「エコ破綻」』(週刊新潮9/10号) (記事スクラップ) »

■地球温暖化の謎 ~ 博士も知らないニッポンのウラ #39 part1/8(記事スクラップ)

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10347224393.html

58 ■Re:次に暴くマスゴミの嘘

■地球温暖化の謎 ~ 博士も知らないニッポンのウラ #39 part1/8
http://www.youtube.com/watch?v=wvpcOmTZo5w&feature=related

part6/8に出てくる話し。
「アメリカ・EUが、日本をC02削減のリーダーにして潰そうとしている。」
CO2削減は実は石油の問題。人口一億を一人として換算。これまで100数十年の間で地球の石油は、日本人1人、アメリカ人2人、ヨーロッパ人4人の7人で使ってきた。半分になった所で、中国人が13人、インド人が12人、その他アジア諸国で10人「石油を使わせろ」と言ってきた。アメリカ人、ヨーロッパ人は、アジアに石油を使わせたくない。で、その理由として、地球温暖化・CO2削減の話しを持ってきて、責任を日本に押し付けようとしている。
そこに、排出権取引という金融商品を作って、日本に買わせようという有象無象が入り込んできているのが実態。
言いなりになっていると、日本は餌食になっちゃいますよ。

この背景を考えると、麻生さんの打ち出した削減目標は本当に絶妙でしたね。欧米の思惑に取り込まれないレベルで、日本の環境技術のパワーアップも視野に入れている。アジア支援も入っています。国民の負担も、必要最低限に抑えている。

■首相官邸
麻生内閣総理大臣記者会見
「未来を救った世代になろう」
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2009/06/10kaiken.html

改めて、削減目標発表時の記者会見テキストを読み返してみると、感動します。
「日本だけが不利となることのないよう、国際交渉に全力で取り組みます」
欧米の思惑に真正面から対峙するこの言葉。
「未来を救った世代になろう」
国民の想いを束ねるための目標を掲げる言葉。

逆に、ポッポの酷いこと。鳩山イニシアチブなんて、欧米の罠にはまった状態で何をしようというのでしょうか。今後の展開によっては、オセロの切り札になるかもしれません。要注目です。

スズキ 2009-09-21 19:50:27  >>このコメントに返信

|

« 麻生太郎首相の環境問題について(記事スクラップ) | トップページ | 櫻井よしこ『民主党政権が運んでくる「教育荒廃」と「エコ破綻」』(週刊新潮9/10号) (記事スクラップ) »

反日政党・反日政治家」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■地球温暖化の謎 ~ 博士も知らないニッポンのウラ #39 part1/8(記事スクラップ):

« 麻生太郎首相の環境問題について(記事スクラップ) | トップページ | 櫻井よしこ『民主党政権が運んでくる「教育荒廃」と「エコ破綻」』(週刊新潮9/10号) (記事スクラップ) »