« 黄砂で脳梗塞発症率アップ(記事スクラップ) | トップページ | 「インチキ左翼」、「時代遅れの左翼」の迷言集リスト、#1 »

20110828菅直人総理退陣に不満タラタラの左翼・佐々木俊尚

http://twitter.com/#!/sasakitoshinao/status/107596767373172736
マスメディアでは誰も言わないが、私もこのブログにまったく同意。結局菅首相って何で退陣を迫られたんだっけ?/菅直人首相の退陣によせて - Danas je lep dan. http://j.mp/n42meK
8月28日 Bufferから(2011年)

「マスコミは、もはや政治を語れない(2010年2月25日発売)」で、参考にした主な識者の意見・ブログなど
・(左翼出版社)岩波書店勤務の在日三世、金光翔のブログ
・(アカヒ)週刊金曜日編集長の北村肇のブログ
・社会学者・宮台真司
・高野孟
・社民党の保坂展人
・郷野信郎

数百を超えるブログのエントリーを読み、ツイッターでの議論を追いかけ、アーカイブした結果、参考にしたのが、上記のような、いわゆる「サヨク&民主党擁護者」がほとんどの佐々木俊尚氏である。IT系の本は、結構、説得力のある本を書いていた佐々木氏だが、
政治に関しては、思いっ切り「左翼」だったようだ。そして、それを確信させたのが、「菅直人が、なぜ総理から退陣しなければいけないのか」というブログエントリーに全面的に同意したTLだろう。

さらば市民カーン(菅)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10998997502.html
日本史上初めて、「市民」(英語のThe citizensではなく、国家を否定する意味における「市民」)としてのみ政治活動を続けてきた人物が内閣総理大臣になり、数多の混乱を引き起こした挙句、尖閣問題、東日本大震災、原発事故などの危機に全く対処できないまま首相の座を去ることになりました。

ユリウス・カエサル「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。 多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。」(塩野七生・訳)
佐々木俊尚氏の目には、どうも「左翼」のしでかした不都合な事実は見えないようだ。

上記のTLに関して、次のようなリプライを飛ばしたが、もちろん返答はなかった。

http://twitter.com/#!/nettaro2006/status/107598497599070208
http://www.youtube.com/watch?v=EbdadY95Gkc 菅直人と北朝鮮の実態 ~ テレビタックル2011.7.26 これを見ると総理退陣どころか、日本の国会議員資格もなさそうですけどね、菅直人は。@sasakitoshinao RT結局菅首相って何で退陣を迫られたんだっけ?
8月28日 webから

これから佐々木氏の本を読む場合、「彼の立場は、左翼より」であることを十分に考慮し、気を付けて「読む」ことが必要になるだろう。

|

« 黄砂で脳梗塞発症率アップ(記事スクラップ) | トップページ | 「インチキ左翼」、「時代遅れの左翼」の迷言集リスト、#1 »

反日マスコミ・団体・ジャーナリストなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155934/41500243

この記事へのトラックバック一覧です: 20110828菅直人総理退陣に不満タラタラの左翼・佐々木俊尚:

« 黄砂で脳梗塞発症率アップ(記事スクラップ) | トップページ | 「インチキ左翼」、「時代遅れの左翼」の迷言集リスト、#1 »