« 「在日のバカ」が支持するのが民主党と小沢一郎 | トップページ | 消費税増税を行った橋本政権のもたらしたもの:野田政権、橋下徹は間違いを繰り返すだろう »

恵方巻:遊女の節分に「だんなさまのあれ」に見立てたもの ?

企業がひた隠しにする、恵方巻きを食べる「直接の由来」とは?
http://www.wakatta-blog.com/post_557.html
  この行為は、関西方面の風習で、御利益がある、とてもありがたい習慣かと思っていたら実は、歴史は浅くて、大阪のお寿司屋さん(海苔屋)が始めたそうなんです。それはなんと、花柳界の芸者や遊女の節分に「だんなさまのあれ」に見立てた新香巻きを食べた習慣からヒントを得て、その形の海苔巻きを作り、恵方に向いて食べると幸運が来るとPRをしたのが始まりらしいのです。

WIKI:20120203現在

恵方巻、恵方巻き(えほうまき)は、節分に食べると縁起が良いとされる太巻き、またはそれを食べる大阪を中心とした風習。別称として「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」などと表現されることもある。大阪船場の旦那衆が遊女に太巻きを口にくわえさせるわいせつなお大尽遊びを始まりとする説[1][2]のほか、豊臣秀吉時代の家臣が出陣の前日に巻き寿司のようなものを食べて大勝利したことに始まるという説、江戸時代の終わり頃、大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで、立春の前日の節分にこの恵方巻の習慣が始まったとされたと言う説などがあるが、元々の「丸かぶり」という言葉から商売繁盛家内安全を願うものではなかったとも言われる[3]。商業的催事として、これを利用した関係業界の販売促進活動・関連商品・商戦が20世紀後半から活性化しており(#沿革、参照)、「日本一長い恵方巻き」イベントも行われている[4]。 これは近年に作られた文化で元からある文化や風習ではない。関西で恵方巻きを食べる文化、まして特定の方向を向かって食べるなどという文化は存在しない。

・大正時代初期に大阪の花街で、節分の時期に新香巻を恵方に向かって食べる風習があった[20]。

・1932年(昭和7年)、大阪鮓商組合や海苔協会が海苔などの販売促進の目的で「節分の丸かぶり寿司」に関するチラシを配布し宣伝を行った[15][16][20]。

・1940年(昭和15年)、大阪鮓商組合後援会にて「節分の丸かぶり寿司」に関するチラシを発行(当時の価格は1本20銭)[15][16]。

戦後の大阪における展開 [編集]

戦後に一旦廃れたが、土用の丑の日に鰻を食べる習慣に対抗する販売促進手段として、1949年(昭和24年)に大阪鮓商組合が戦前に行われていた「節分の丸かぶり寿司」風習の復活を決定[15]。

1955年(昭和30年)頃、「元祖たこ昌」代表取締役・山路昌彦が当時行っていた海苔販売の促進活動の一環として恵方巻を考案[15][21]。

1973年(昭和48年)から大阪海苔問屋協同組合が作製したポスターを寿司屋が共同で店頭に貼り出し、海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」として販促キャンペーンが展開された[6]。1974年(昭和49年)には大阪市で海苔店経営者らがオイルショック後の海苔の需要拡大を狙いとして節分のイベントで「巻き寿司早食い競争」を始めたこと、1977年(昭和52年)に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った海苔の販売促進行事、そのイベント「巻き寿司早食い競争」がマスコミに取り上げられたこと、関西厚焼工業組合も同時期頃に宣伝活動を開始したこと、などが契機となって、徐々に知名度が上がっていった[6][15][16][20]。

日本各地における販売促進 [編集]
大手販売店で販売されている恵方巻

商業的に売り上げの落ちる1月後半から2月初旬の販売イベントとして、主にコンビニエンスストアを中心とし、スーパーマーケットなどの店舗において各地で展開。ファミリーマートが先駆けであり、1983年(昭和58年)に大阪府と兵庫県で販売が開始された[22]。道頓堀で行われた販売促進イベントがマスコミに取り上げられて関西に広がった。

関西厚焼工業組合の宣伝活動は広範囲で行われ、1987年(昭和62年)頃には「幸運巻ずし」の宣伝ビラが関西地方以外にも九州地方や岐阜市・浜松市・新潟市などの各都市に向けて送付された[16]。

全国への普及はセブン-イレブンによるもの[23][24][25][15]。1989年(平成元年)に広島市のセブン-イレブンが販売を開始し、翌年より販売エリアを広げ、1995年(平成7年)から西日本に販売エリアを拡大、1998年(平成10年)に全国展開をしたことで急速に普及した[23][24][25][6][26]。

その後は全国のコンビニで販売促進キャンペーンが行われている[7][15][27]。

スーパーマーケットでは、ダイエーが関西地方において1980年代頃には販売を行っており、関東地方の一部地域では1990年代前半から販売開始、ジャスコでは1992年(平成4年)から全国同時に販売を開始[28]、などのように同小売業態でも宣伝活動が行われるようになった[16]。さらに、2010年からは節分が2月だけではなく年に4回あることに着目した一部の店舗が「春の恵方巻」(5月)、「夏の恵方巻」(8月)、「秋の恵方巻」(11月)を売り出す動きが出てきている[29]。

恵方巻きの由来?
http://motoi-nori.co.jp/ehoumaki.html
その当時の資料によると古くから花街にそのような風習があったようです。江戸末~明治の頃の大坂商人の花街での戯れの中から生まれた

恵方巻は呪われる
http://blog.goo.ne.jp/efraym/e/9c1cc77f36e12104b4f7b1c97b0da83b
旧約聖書の『レビ記』19章29には、「あなたの娘に遊女の技をさせて、これを汚してはならない」とあります。遊女の技とは、売春そのものを指す共に、遊女から派生したあるゆるものも含まれます。例えば、朝鮮の売春婦が余技で行ったとされる恵方巻の食べ方です。ググれは、嫌というほど出てきます→こちら。

企業がひた隠しにする、恵方巻きを食べる「直接の由来」とは?
http://www.wakatta-blog.com/post_557.html
  この行為は、関西方面の風習で、御利益がある、とてもありがたい習慣かと思っていたら実は、歴史は浅くて、大阪のお寿司屋さん(海苔屋)が始めたそうなんです。それはなんと、花柳界の芸者や遊女の節分に「だんなさまのあれ」に見立てた新香巻きを食べた習慣からヒントを得て、その形の海苔巻きを作り、恵方に向いて食べると幸運が来るとPRをしたのが始まりらしいのです。

これも在日が支配する電通が誘導してるのかw

|

« 「在日のバカ」が支持するのが民主党と小沢一郎 | トップページ | 消費税増税を行った橋本政権のもたらしたもの:野田政権、橋下徹は間違いを繰り返すだろう »

反日マスコミ・団体・ジャーナリストなど」カテゴリの記事

韓国・北朝鮮関係」カテゴリの記事

コメント

はじめましてです(-^□^-)ブログ楽しくて結構チェックしてるんですよヽ(゜▽、゜)ノ実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)仲良くしてもらえたら嬉しいですヽ(゚◇゚ )ノ一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールください(^~^)ココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(^O^)/まってるねえp(^-^)q

投稿: まりこ | 2012年2月16日 (木) 15時43分

こんにちは。
http://nettaro.way-nifty.com/about.html
連絡先などは、一応、こちらに明記していますので、こちらに連絡いただければ...。
(携帯2つお持ちのようなんで)

投稿: nettaro | 2012年2月20日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155934/43968047

この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻:遊女の節分に「だんなさまのあれ」に見立てたもの ?:

« 「在日のバカ」が支持するのが民主党と小沢一郎 | トップページ | 消費税増税を行った橋本政権のもたらしたもの:野田政権、橋下徹は間違いを繰り返すだろう »