経済関連問題

【三橋経済新聞】今、米国の経済学者たちが言っていること

ガラパゴス化してしまった日本の経済学者か...。

『三橋貴明の「新」日本経済新聞』20120919より
FROM 東田剛 

アメリカの著名な経済学者ローレンス・サマーズは、
フィナンシャル・タイムズ紙(9月16日)に寄稿して、
イギリスが政策を変更しなければ、日本のような
十年以上の長期停滞に突入すると警告を発しています。

続きを読む "【三橋経済新聞】今、米国の経済学者たちが言っていること"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税増税を行った橋本政権のもたらしたもの:野田政権、橋下徹は間違いを繰り返すだろう

「歴代総理の経済制作力」(三橋貴明著などより)
★★★橋本政権が「デフレ状況下」で消費税増税(3%→5%)と財政改革(緊縮財政)を行った結果
・平成9年度(97年度)の消費税増税で、消費税収は年間で4兆円程度増えたがデフレ悪化のため所得税と法人税は下降線を辿り、11年度には9年度に比べ、合わせて6兆5千億円減った。その結果、税収全体は減少し、財政はかえって悪化した
・日本経済は、97年度はゼロ成長となり、98年度は1.5%のマイナス成長に陥った
・自殺率が98年にはいきなり1.5倍になり、失業率も跳ね上がり、さらに平均給与が減少するという「よくない国」に日本は変わってしまった

続きを読む "消費税増税を行った橋本政権のもたらしたもの:野田政権、橋下徹は間違いを繰り返すだろう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『240124金融検査マニュアルについて(投稿者:産経応援)20120129(記事スクラップ)

日本経済を葬り去る葬式道具

①BIS規制(特に不動産担保の規制)
②固定資産税の重税化による地価下落
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11149078216.html

 バブルを崩壊させ、地価を下落させた最初の政策は、1990年3月に始まった不動産向け融資を抑える総量規制なのですが、これは、1991年12月に解除されました。しかし、だからといって、不動産向け融資が緩められたわけではありません。金融機関は、自主規制というか、懲りたと言うか、自発的かどうかは解りませんが、不動産向け融資は1989年をピークに一貫して下がり続けています。
 にも関わらず、さらに、徹底的に土地資産を無力化させるために、二つの規制が実施されました。

続きを読む "『240124金融検査マニュアルについて(投稿者:産経応援)20120129(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三橋貴明:3種類の「財政破綻原理主義者」たち(記事スクラップ)

日本で「財政破綻!」だの「公共事業は悪!」だの「日本は成長しない!」だの言っている人たちは、主に三種類に分けられます。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11139870205.html

(1) 増税至上主義の財務省に「折伏」されてしまった人たち
 「狼は来るったら、来るの!」で有名な伊藤元重先生に代表される、財務省に取り込まれてしまった人たちです。高橋洋一先生によると、消費税のような「大案件」の場合、財務省は100人規模の折伏チームを作り、大手新聞やテレビ、有識者に説明に回るそうでございます(詳細は近々発売のマガジンXに掲載されます)。
 わたくしのところには、残念ながら来たことはないのですが。

続きを読む "三橋貴明:3種類の「財政破綻原理主義者」たち(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★政府の財政健全化に必要なのは増収であり、「増税」そのものではありません。(記事スクラップ)

三橋貴明メルマガより(20120118)
http://www.mag2.com/m/0001007984.html

日本人もそろそろヨーロッパの金融危機から
危機の本質を学ぶべきです。

もちろん、「赤字国債が日本を滅ぼす」

などとバカげたことを言いたいわけでではありません。

何故、ヨーロッパの危機はかくも深刻化したの?

本質を見誤ってしまえば日本が本当に危機に直面することになります。

続きを読む "★政府の財政健全化に必要なのは増収であり、「増税」そのものではありません。(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★2009年3月末時点の日本国家のバランスシート

★「国の借金900兆円、日本人は国民1人あたり約700万円の借金を抱えている」というフレーズが、よくマスコミで見かけますが、本当のところはどうなのでしょうか? 日本国家のバランスシートを見て検証してみましょう。

@2009年3月末時点での日本国家のバランスシート

日銀の分類では、経済主体は「政府」「金融機関」「非金融法人企業」「家計」「民間非営利団体」の5つに分類されている
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_22.html

*政府の資産と負債
(借方)資産471兆円、(貸方)負債960.9兆円:純資産-489.9兆円

*金融機関の資産と負債
(借方)資産2700.1兆円、(貸方)負債2728.8兆円:純資産-28.7兆円

*非金融法人企業の資産と負債
(借方)資産774.2兆円、(貸方)負債1070.2兆円:純資産-296兆円

*家計の資産と負債
(借方)資産1410.4兆円、(貸方)負債380.3兆円:純資産1030.1兆円

*民間非営利団体の資産と負債
(借方)資産53.1兆円、(貸方)負債17.1兆円:純資産36兆円
*5つの経済主体の純資産を合計すると251.5兆円

また日本の「対外資産は549.8兆円、対外負債は301.0兆円」対外純資産は248.8兆円です。
(政府の負債には地方政府の負債も含まれている)

この対外純資産を日本国民の人口で割ると
248.8兆円÷1億2千8百万人=約194万円
日本人は「国民1人当たりの資産」は約194万円となります。つまり「日本人は国民1人あたり約194万円の資産を持っている」という計算になります。

続きを読む "★2009年3月末時点の日本国家のバランスシート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三橋貴明メルマガ】幕末に学ぶこと(記事スクラップ)

2012年1月11日 水曜日


★現在の日本は、
幕末ととても似た状況にあります。

歴史を学ぶことで
現状を打開するための解を見いだせます。

単行本を書くために色々と勉強していると、
一つ、わかってくることがあります。

それは、現在の日本の問題が
「過去の日本の延長線上」に存在しているという話です。

何を当たり前のことを、と思われた方が多いかも知れませんが、
過去について知れば知るほど、
実際にそうだなあとつくづく思い知るわけです。

過去の延長線上に現在が存在していると、何が良いかと言えば、

「現在の問題は、
 過去の日本人が直面した問題のどれかと似ており、
 解決策も明確」

であることになります。

続きを読む "【三橋貴明メルマガ】幕末に学ぶこと(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三橋貴明メルマガ】日本の経済主権の危機(記事スクラップ)

2011年1月4日

★日本は今、
韓国のように「経済主権」をなくすかもしれないという
危機にあります。

日本は幕末の開国で「経済主権」を失いました。
それを取り戻すために、
たくさんの血を流しました。

再びそうならないために、
何をやるべきなのでしょうか?

続きを読む "【三橋貴明メルマガ】日本の経済主権の危機(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三橋貴明メルマガ】「コンクリートから人へ」の終わり(記事スクラップ)

2011年12月29日

八ッ場ダムの再開などにより
「コンクリートから人へ」という、
国土的条件を無視した
イデオロギー的公共事業不要論が終了しました。

とても良いことですが、だからこそ、
日本は今、真の意味での政治主導を
取り戻さなければならないと考えています。

続きを読む "【三橋貴明メルマガ】「コンクリートから人へ」の終わり(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三橋貴明メルマガより】東北は実験場となるのか?(記事スクラップ)

2011年12月7日

★★東北の被災地が、
官僚たちの「実験場」されてしまいそうで
とても心配です。

私には、そのように見えます。

気のせいなら、いいのですが。

3月11日に東日本大震災が発生した際に、
例えば財務省内で財務官僚が以下のように話していたかも知れません。

「しめしめ、これで『復興増税』という名目で増税が実現できるぞ。
バカな国民は『復興のためです』と言われれば反対せんだろう」

「そうですね。復興増税に反対したら、
『あなたは復興を遅らせたいんですか! 何と冷たい人なんだ!』
と言えばいいわけです」

「そうそう。復興増税を皮切りに、
一気に消費税増税への道筋をつけてしまおう。
増税やむなし、という路線を震災を活用して醸成するのだ」

あるいは、経済産業省内で、
経産官僚が以下のような会話を交わしていたかも知れません。

「やった! これで東北に『特区』を造り、
 TPPや規制緩和などの新自由主義的な政策の実験が出来ます!」

続きを読む "【三橋貴明メルマガより】東北は実験場となるのか?(記事スクラップ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧